妊婦検診で旦那にもエコーを見せました

13週2日、検診行きました。

 

数日前に買い物帰りに歩きすぎちゃったのか、ぐっだぐだにへばってお腹が痛くなったのも、予備薬としてもらっていたダクチル(張り止め)を飲み、ひとまずおとなしく耐え、ようやく迎えた予定通りの検診日!

 

 

どうしてもね、焦って早めに平日に検診来ちゃうと、前倒しということになって、せっかく旦那と来たかったのに来れなくなっちゃって・・・というのを避けたくって^^;
あんまりほめられたものじゃないけどね、自己判断の我慢って言うのも・・・。

 

 

 

でもまぁ、これでやっとちゃんと旦那に病院でエコーを一緒に見てもらえる!と思ってわくわくでした。前は3センチと23ミリくらい、今度はどこのくらいかな、そして、動いているところが見られるかなぁ?って!

11時半の予約、10時50分頃に旦那をたたき起こす。

 

家から近い病院にして良かったと思うのは、うちの腰の重い旦那を起こすときにほんとに思います。家から2キロも離れていないんだよね。

 

病院について、診察室に呼ばれて。いざお腹エコー!

 

 

・・・お?なんと大きさが倍以上になってる!7センチ32?だった!

 

 

まるで落花生のようなシルエットだなぁと画面を見ていると・・・

 

『うに・・・うにに・・・』

 

 

 

 

う、うごいたーーー!

 

「わぁ動いた!前回まで、一切動いたところ見れなかったのに!」

 

そうだねぇ、ちょうど前もその前もお昼寝中だったんだねと笑う先生。

 

 

続いて、『びくんっ、びくびくっ』
かなり手をぶんぶんっと振って、寝返りを打つように激しく動く赤ちゃん。

 

 

見せたかったとはいえ、初めて旦那が来たから見せたかったとはいえ、なんかちょっと悔しいかもと思っていたら、画面を見ていた旦那は
「オレっ子なんだわーー(ニヤニヤ」だって!!くっそーーー笑

 

でも良かった、ここ数日お腹が痛いような感じや、疲れすぎちゃったな・・・と自覚することがあったし、気持ち悪さもそこそこ解消されてきて、楽な時間が増えてきていたからこそ、お腹の中はどうだろう?と少し気がかりだったんですよね。まだ、いわゆる胎動を感じる時期は先だし、楽になるのはありがたいけれど、不安という複雑な心境。

 

 

とても順調ということで、次の検診は1ヵ月後、4月の頭になりました。その頃は18週4日だから、もう性別わかると聞かされ一気にハイテンション!

 

 

実は、こんなに妊娠は嬉しいのに、こんなに幸せなのに、まだどこかで「ほんとなのかなあ?」と思っている自分がいます。お腹に、いるの〜?っていう^^;
どうにも、心の半分くらいは他人事のように思っている部分があって。
もちろん、もう半分はめちゃめちゃ嬉しいんですけれどね。なんだか不思議な感じ。性別がわかったら、名前を考えて、それで呼びかけてあげたいなと思いました。そしたら、こころのどこかに『この妊娠は他人事』のように感じている不思議な気分は払拭されるんじゃないかなって、期待しています。