初期検診、初めての経腹エコー

初期検診と、初めての経腹エコー

 

2月10日に検診に行ってきました。
この検診は、母子手帳にくっついている検診チケット?の第1回目で、初めて採血したり、子宮がん検診も受けてきました。

 

受付で、『検診です』っていうのに、ちょっとだけ気恥ずかしさを覚えつつ、かばんから慣れない感じでゴソゴソと母子手帳を取り出して…。

 

その動作も、そのうち慣れてスマートになるのかな?(^ー^

 

お昼に予約をして少しだけ早く行って、余裕を持って待つことに。
またしても平日の昼間なので、お義母さんに車に乗せてってもらいました。感謝感謝!

 

通っているこの産婦人科、家から1キロちょっとと近く、設備もきれいでお医者さんもみんな優しく親身で丁寧といいこと尽くめなので、分娩予約ももう済ませました。
で、診察や検診は予約制で、予約の無い人はけっこう長く待っちゃうぞというスタイル。まぁ普通ですね。

 

 

ところが、お医者さんの診察やお話が、とても丁寧で親身なので、予約をしていても30分くらいは平気で遅れるのがタマにキズ。それでも、ネットとかでの口コミがいいのは『その分自分もしっかり話を聞いてもらえるし、丁寧に話をしてくれるから』とのこと。
まだ数回しか来ていないけど、ほんとにそう。満足度が高いw

 

 

 

で、この日は大体30分くらい遅れてやっと診察室へ呼ばれた。1と2があって、これまでは2の診察室だったのに、今日は1に通された。
『あ、そっか。今日からお腹の上からのエコーなんだ・・・』

 

ちょっとドキドキ。早速見てみましょうねといわれて、座り心地のいいベッドに横になる。で、お腹を出してくださいね〜と看護師さん。

 

仰向けで、お腹を出して、腹を上下にたくしていると、ちょっと腰が痛いね。最近運動不足のせいもあるのか腰がとっても痛くて・・・(;;)
で、お腹ににょろろんと冷たいものを塗って、さぁ!!いざ!

 

 

『プルルルルr』おっと内線。先生が取る、切る、ぱっとこっちを向き直って、

 

『エリーさん!!ほんとごめん、今お産が入っちゃった!!ごめん、待ってて欲しい!ほんとごめんねー!!(;>o<)』

 

 

おおっとこういうこともあるのかwwwww初めてwwwwww

 

『おそらく手術になって、1時間くらいはかかっちゃうと思うから・・・まだご飯食べてないでしょう?受付に行って、病院出てコンビニとかでなにか買って病院の待合で食べてもいいし、外食しに行ってもいいよ、ほんとごめんね!』

 

 

さすが産婦人科。こういうこともあるのか、と関心w

 

お腹のジェルをふきふきしてもらい、看護師さんと笑いながらお腹をしまう。
受付に戻ったら、待ってる患者さんみんなニコニコしながら院内放送を聴いていた。
『お待ちの患者様へお知らせいたします。ただいまお産が入り、院長の診察をお待ちいただいております。お急ぎのところ申し訳ありませんが―――」という感じのもの。待たされたって全然ヘイトが溜まらない不思議。だって、お産は嬉しいことだもんね。きっと自分のときも昼間ならこうして誰かを待たせちゃうのかなと思ったり。
それでもみんながこうして待っていてくれるのなら嬉しいなと思ったり。

 

 

実はぶり返したようなつわりの調子悪さで朝から水分もとっていなかったので、お腹ペコペコでw
お義母さんが、産院の近所のラーメン屋さんに連れて行ってくれた。

 

なぜかここの醤油ラーメンは最初から今までハズレなく食べられて、食後もそこまで気持ち悪くならない。ハマる食べ物っていうのは、こういうものなのかなぁと思いました。醤油ラーメンを二人でのんびり食べて、ちょっとのんびりして、1時間位してからまた病院へ。病院に帰ってしばらくしたら、やっと再開したみたいでもう一度診察室へ呼ばれました。

 

『エリーさん、ほんとお待たせしちゃってごめんなさい(;--)』
院長先生はどこまでも丁寧。ありがたい限り。

 

そしていよいよ経腹エコーへ!

 

初期検診と、初めての経腹エコー
3.23センチ。順調に育ってました!
ちょっと見えにくいんですけど、ここに、こんな感じに・・・。
初期検診と、初めての経腹エコー

 

 

そして立体エコー映像も見せてもらって写真も貰ったんですが、ちょっとまだ画面が暗くて赤ちゃんもちっちゃいのでまた次の検診のやつを載せようと思います。

 

 

つわりが数日前からちょっとぶり返したことを伝え、やっぱりけっこうハードな5時間半にはまだ立ち向かう勇気も持てないという悩みも聞いてもらい、次回の検診まで(2月末)休職を伸ばすことにしました。
けっこう悩んで、自分の甘えなのかと悶々と問答したけれど、やっぱり体は休みたがっているのかな?と思っていると、先生にバシッと『じゃあ伸ばそう!』と決めてもらったその言葉で、とてもホッと出来ました。

 

こういうのって自分の決断が大事だと思うんだけれど、自分自身が色々不調で気持ちが弱ってると、より良い方向やこうしたいと思ってるのがあるくせに、決められないという状況になっちゃうんだと、この日始めて気が付きました。

 

 

 

『職業人』としては、きっちり仕事をしたい。
でも今はきっちりできないという葛藤。

 

そしてここ1〜2ヶ月で芽生えてきた新たな『お母さん』という立場では、休みたい。
何をおいても休んで、ゆったりと過ごしたいという気持ちがあって。

 

でもね、まだ後者の立場は抱いて間もない感情だから、生まれてこの方&社会人になってからバリバリ頑張ってきた『職業人』の立場で物事を考えるほうが多いし、自分の物差しになっている。だから悩むんだろうなぁと思う。

 

 

そういう時にプロである病院のお医者さんたちは、この芽生えて間もない『お母さん』の気持ちがくじけないように支えてくれてるんだろうなあって。『職業人』だった女性のこれまでの物差しや常識で無理をして、悲しい結果にならないように。

 

 

病院って気持ちもこんなに支えてくれるんだなぁと改めて、大切さが身にしみました。
そんな話w