切迫流産での休職、診断書郵送NGのマタハラにあう

職場に診断書を出してきたらやっぱりマタハラ反応された

 

母子手帳の用事が済んだら、そのまま職場に行って診断書を出すことになってました。
この週は月曜からすごく調子が良くなくて、ちょっと動いたらすぐに「ぐでたま」みたいにグッダグダになったので(しかもその後だるすぎて寝ることもままならなくなる)しっかり体を休ませたかったので「郵送でもいいですか?」って聞いたら、直接本人が持ってこいだってーーー。。。

 

もし血が出っぱなしだったとしたら、それでも持ってこさせるんですかね?ちなみにこの時点では血が止まった止まってないの話はしてない。
『診断書!?』→はい、それで郵送でもいいでしょうか・・・?→『いえ、直接エリー先生が持ってきてね、顔見て話したいし』

 

 

この、最後の『顔見て話がしたい』というのはうちの園長のキラーワード笑
園側に都合の良いように丸め込もうとするし、いつもされるんですよね・・・悔しいけど年の功。さすが園長にまでなった人。
でも今回は診断書があるので、きっちり休ませていただこう!お母さん頑張るよ!!

 

久しぶりに職場の門をくぐり、玄関を開ける。
もう、隠すことも無いから、かばんにはマタニティマークをつけてきた。

 

時間は11時半頃、漂ってくる給食のニオイ、生活臭・・・やっぱり予想通り、何もかもが体に響く感じがする。

 

 

 

園長がいつもの椅子にいて、挨拶もそこそこに診断書を求められたので見せる。
開口一番は
『2週間もっ!?』。

 

 

薬を飲んでいるのと、それと今はかなりつわりがひどくて・・・。という話をして、
次に出た園長の言葉は

 

『じゃあ2週間後からは必ず来れるね?覚えておく』『休職期間中は全くの無給だからね』でした。

 

もちろん無給なのは知ってるし、その為に傷病手当がありますし・・・と言いかけると、
『え?休職中は無給です!』ってもっかい言ってくる。

 

ご存知の通り、会社勤めの人は無給欠勤4日目からは傷病手当というのが支給される。給料の全額ではなくて何割かだけど。長期で仕事が出来ない人への救済措置で、これは職場から支払われるものじゃなくて、加入してる社会保険から支払われるもの。
ま、まさか園長・・・労務知らない??

 

 

とりあえず上のことを説明したし(園長は『ま、まぁよくわからないけどそういうのがあるんだね?』だって)、役所の人事秘書課に園長が私の休職届けを診断書を添えて出すときに、労務担当がやってくれると信頼してそれ以上はしなかった。

 

 

再開については実は、2週間後の一日前、次の検診があって、そのときに私のつわりの状態や全身状態、出血の状態をチェックして、お仕事GOサインを出すか、追加で休むかを判断するとお医者さんが言ってくれてました。
なので、今は確実に2週間後から出勤できるかは私は答えられませんというと、

 

(´゜Д゜)ハァーー という顔をされました。

 

 

ああ、これが保育園という職場なんだなぁ・・・。
口でおめでとうとは言うけれど、サポートはほんとに望めないなぁと。。。

 

ちょっとくらくらふらふらしながら、その反応と視線をやりすごし、GOサインでも休職延期でも、どちらにせよ夕方お電話します!と言って、退散することにしました。

 

去り際に、あの・・・私はもうすでに5日(月曜から休んでて、この日は金曜日)欠勤になっていますが、もう他の先生たちは…?と聞いたら『もう皆知ってます』って。なんでか眉をひそめて言われた。どんな風に言ったんだか。

 

 

立ちっぱなしで園長と話をして、なんだかすっかり疲れて気持ち悪くなっちゃって。
お義母さんに送ってもらって家に帰ったら、またまた夕方まで寝込んじゃいました。
ストレスで、具合の悪さって直結するんだなぁ・・・。